トップページ > プロフィール

シンギング・リン セラピスト
トリニティ・カウンセラー

鈴喜みわこ (Suzuki Miwako)

福井県出身
南山大学外国語学部英米科卒

倍音との出愛は、中学生のときに行った永平寺の朝の読経。思春期の繊細な心に深く響き、初めて聴く、倍音の美しさに感動。その後、モンゴルのホーミーや馬頭琴、チベタンボウル、ボイスヒーリングなど、人生の節目、節目で倍音と出愛、なぜか他のものにはない魅力を感じる。後に、大ファンである松任谷由実さんの歌声も倍音であることを知る。

友人の日記で、地球交響曲第6番に出てくる倍音楽器、というシンギング・リンの紹介を見て、音色を聴く前から、私はこの楽器のセラピストになる!ということを直感で感じる。

岐阜県恵那市に導かれるようにして建てたカルパ建築である自宅兼サロンが、時空を越える空間であることから、ここでこの時空を越えるシンギング・リンの倍音ヒーリングを提供していくことが、一つの天命と知る。

2009年にはメンターとして慕っている「はづき虹映」氏の「センタリング」で、演奏。同氏のワークがより深まり、喜ばれる。その後、南亜季さんのセンタリング、陶彩画家として有名な草場一壽氏のトークショー、13人のグランマザーのプレイベント、地球交響曲第7番上映会での演奏などもさせていただいている。

▲ ページTOPへ戻る